浮気調査の意味

最近では浮気をする夫や妻が増えていることから、離婚のための浮気調査を依頼する人も多くなっています。しかし浮気調査は離婚のためだけでなく、今後の二人の関係を良いものにするためにも大切なことなのです。浮気しているかもしれないという気持ちでいると、後になっても相手への不信が根強くなってしまい幸せな夫婦関係にはなれません。逆にはっきりして話し合いをきちんとしたことで、お互いの気持ちがわかり合えることもあるのです。

浮気浮気する側は、パートナーの愛情が感じられなくなったことから浮気に走ることもあります。そんなときには、お互いに本当の気持ちを伝え会えることができるチャンスです。また浮気と思っていた夫の行動が、実は自分の親に親孝行していたということもあります。長い結婚生活だからこそ、ちょっとしたことが逆に言いにくいということもあるのです。つまり浮気でなかったことも、浮気調査によって判明するわけです。疑い続けているのとでは、今後の関係にも大きく違いが出るのではないでしょうか。

また浮気が確定し、許すことが出来ずに離婚をする場合でも、慰謝料や財産分与などの関係から浮気の証拠は重要となります。基本的にメールのやりとりなどの証拠は弱いです。決定的な証拠として考えられるのは浮気相手との密会写真や目撃情報の証言などになります。こうした証拠があれば裁判でも有利に立てるはずです。

確固たる「証拠」として認められるのは,性行為の場面を写した動画や写真,ホテルに出入りする写真やその目撃情報を記載した探偵の報告書などです。そのような証拠があれば,不貞行為があったと推測でき,非常に有利な立場になりますね。

裁判になったときには浮気の証拠がないと、こちらの主張はとても弱くなることもあるのです。そのため離婚を考えている人も、今後良い関係に修復したい人も浮気調査はとても大切なのです。